大清掃の日

大清掃の日

私の住むマンションでは、月に一度マンションで全体の大清掃日があります。

その日は、朝の9時から全員ロビーに集合し、数人の幹事の人からその日の掃除の内容を説明され、各棟ごとに分担された掃除場所へ向かいその部分と自分の部屋の前を掃除するというものです。最後は全員で中央中庭に集合し、みんなで雑草やを枯葉をとる作業をして終了です。

我が家ももちろん参加するのですが、朝の9時からという時間がいつもネックになっています。通常の平日であれば、誰しも始動している時間ですので問題ないのですが、掃除の日はいつも週末なので、とにかく我が家全員が朝はゆっくりと過ごしたいという気持ちでいるのです。

何もなければ朝の八時半ぐらいまで寝ていて、10時くらいまでに遅めのブランチ。それくらいの時間の流れでいつも過ごしている我が家なので、とにかく毎月のこの日は憂鬱になってしまいます。

最悪、その世帯の誰か一人が出席すれば大丈夫なので、たいていは朝ご飯の用意だけ急いで済ませた私が、自分の食事もとらずに時間ギリギリになって自宅のほうきとデッキブラシを持ってバタバタとロビーに駆けつけるようになってしまいます。

解散してそれぞれの自宅前を掃除しだすのですが、その頃には子供達もみんな食事をすませたあとなので、適当に玄関前へ出てきて近所のお友達と一緒にフラフラと遊び出します。子供たちにとっては、月に一回のこのような時間が楽しくてたまらないようです。

大人の方は真剣に掃除をします。きちんと掃除をしないと、結局は自宅前が汚れて目立ってしまい、掃除日以外の日にやらなくてはならない羽目になるからです。

今日も終わった後はへとへとになってしまいましたが、きちんと掃除をやり終えて一日気持ちよく過ごすことができました。

脱毛|名古屋エリア

この声が届くかな

大好きだったのに、そういえば最近見かけない。どうしたものかと思って調べてみると、製造終了。そんなお菓子はありませんか?

多くの人が恋しく思うお菓子にはいろいろありますが、その中で私が最も復活を望むのは『焼きチョコ(江崎グリコ)』です。あれは数年前。きっかけが何だったのか覚えていませんが、ふと思い出してしまったのです。そういえば、焼きチョコっていうお菓子があったっけ…。

焼きチョコを簡単に手に入れることができた当時も、大好きでよく買ってもらっていました。まだこどもだったのでハッキリとした記憶はありませんが、サクッとしたかと思うと溶けるように消えていく感触を、今でもぼんやりと覚えています。

焼きチョコと同じくらい、再会したいと思うチョコ菓子があります。それは『ぬ~ぼ~(森永製菓)』です。モナカの中にエアインチョコが入ったぬ~ぼ~も、やっぱり優しい口どけ。でも焼きチョコとはまた違う美味しさなんですよね。ぬ~ぼ~は、愛らしいキャラクターも好きでした(^^)

再会したいとは思いつつ、ぬ~ぼ~の思い出は焼きチョコよりも遠い。思い出せるのは軽くて優しい食感と、名前通りの雰囲気があるキャラクターのことくらいなので、もう一度しっかり味わって楽しんでみたいです。

大人になってから食べて感動したものには『ミロバー(ネスレ)』があります。こどもの頃、ミロは何より大好きな飲みものでした。ミロバーはこどもの頃好きだったそのままの味。初めて食べたときは、懐かしさに思わず目を細めてしまいましたよ。そして大人になっても自分はミロが好きなんだと実感しました(^^ゞ

この間、ミロと同じパッケージのチョコを見つけて飛びつきましたが、ミロバーとは違うものでした。また食べたいなぁ、ミロバー…。